土地の相続で必要

弁護士

両親や祖父母などから遺産として譲り受ける財産は、多かれ少なかれ一般人でもあり得ることです。金銭である場合はそれが目に見えた金額という形で分かるので、相続に関する手続きや相続税申告や支払いなどもある程度明確でしょう。しかし、これが土地や建物になるとまた変わってきます。まず、土地や建物は見える形の資産となりますが、その資産価値は流動的なので難しいものです。ですから、それに伴った相続税申告が複雑であることも多いです。ある程度、税の知識がある場合は法律に則って対処することができますが、全ての人があるわけではありません。ここで役立つのが相続税申告でサポートしてくれる税理士であり、はじめて手続きを行う人にも安心・安全な方法で進めることができます。

遺産を譲り受けた後には財産を所得した形になるので、相続に対しての税金が必要になります。万が一、相続税申告をしないで放置してしまうと、税金逃れと判断されてしまうので追徴課税の対象となるでしょう。それを避ける為に税理士に相談をして進めることが得策です。ただ、税理士に相談して手続きをすることに対して、高額な報酬が必要になると思われるでしょう。法律家に相談や依頼をすることは手の届かないことだと思われるかもしれませんが、実際は身近で頼れるサービスです。実際に税理士に相談したらイチから申請書類記入や提出までの手続きをお任せすることもできますし、自分で相続税申告作成をするサポートもあります。いずれも発生する相続税から計算された金額になるので、一度費用の相場や税理士事務所に確認してから利用しておくと安心です。